読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぎの糖質制限ブログ

オタクが買ったり食べたり。

XPERIA XZ (SO-01J) ファーストインプレッション アルミ筐体がGood!

XPERIA XZを購入した経緯

これまで私はiPhone5→iPhone6PlusとiPhoneを4年間使い続けてきた、Apple厨一歩手前のような人間でした。実際はiPhoneを使っているときGalaxy Note3XPERIA UL,Nexus5などAndroid端末を白ロムで買ったりして遊んでいましたがm、メイン端末(回線)として使おうと思うような考えにならず、結局はiPhoneをメインに使っていました。

ですが、iPhoneを4年使い続けてきて、iOSのカスタマイズ性の低さに飽き飽きし、端末自体の見栄えもパッとしない感じでそろそろAndroidに変えようかなという考えに至りました。

ちょうどdocomoの2年縛りも10月に終わり機種編しようと考えていたので、このXPERIA XZにしました。対抗候補としてGalaxyS7Edgeも考えましたが、ここのところのNote7の爆発案件を見ている限りサムスンの端末を買う気にはなれませんでした。

また、私は若干SONY厨なので選んだということもあります。ゲーム機,家電,AV機器はSONY率が高いです。

色はミネラルブラックを購入しました。

<開封>

f:id:nagiblog:20161103224258j:plain

XPERIAの文字がホロ加工されてカッコいいです。

f:id:nagiblog:20161103225232j:plain

スマートで美しいです。

<ファーストインプレッション>

《カメラ》

f:id:nagiblog:20161103224822j:plain

SONYの前機種、X Performanceに引き続き2300万画素、ISO12800のイメージセンサーを引継ぎ、さらにレーザーオートフォーカスが採用されています。より暗い場所でのオートフォーカスが効くようになっているようです。

f:id:nagiblog:20161103224727j:plain

インカメラは1300万画素、広角のようです。

指紋認証,電源ボタン》

f:id:nagiblog:20161103224853j:plain

ここも進化したようです。前機種を持っていなかったため検証はできませんが、このXZでの指紋認証はものすごく速いです。1秒ないほど速く、すぐに押した瞬間ホーム画面にたどり着きます。これは驚きでした。

《イヤホンジャック》

f:id:nagiblog:20161103230343j:plain

イヤホンジャックは3.5mm。ここにアンテナケーブルをさしてつかうことができるようです。もちろんイヤホンも。

《USBポート》

f:id:nagiblog:20161103224755j:plain

このXPERIAからmicro USBではなくUSB type-Cになりました。リバーシブル仕様の端子です。

《SIM,MicroSDスロット》

f:id:nagiblog:20161103224601j:plain

これも変更されました。SIMスロットとMicroSDのスロットが同一になりました。SDカードを取り外しするときSIMも同時にとれます。ちょっとめんどくさい仕様。

《音量,カメラスイッチ》

f:id:nagiblog:20161103224629j:plain

カメラスイッチを2度押しすることで起動していない状態でもカメラをすぐに立ち上げることができます。

 

【注意!!】

f:id:nagiblog:20161103225128j:plain

付属品はこれだけです!(アンテナケーブル)以前のMicroUSBケーブルが使えないため、別途購入しなければ充電をすることもできません。ACアダプタとケーブルを購入しましょう。

《本体の色について》

私は、ミネラルブラックの実機を店頭で見たことがなく、実機が展示されていたのはフォレストブルーとディープピンクだけでした。フォレストブルーと迷いましたが、ケースを合わせやすい無難な黒にしました。

モックでも黒を見たのですが、実機を触ってみて全然色味が違うなと感じました。

写真では伝わりづらいかもしれませんが、「上品な黒」という感じです。

こげ茶をさらに黒く近づけたような、そんな色です。特に違うのは表面のベゼル部分で実機の方がはるかによく感じました。モックの黒は、本当にただ「普通の黒」でした。これは思わぬ「いい」誤算でした。フォレストブルーとミネラルブラックで悩んでいる方はぜひこちらも検討してみて下さい。

 

まだ開封して数時間しか経っていないのでAndroidを存分に楽しんだわけではありませんが、思った以上にサクサクな動作で感動しました。特に不具合も感じません。

 

次の記事ではAndroidを触ってみた感想や、アクセサリ関連のお話をしようと思います。

ご一読いただきありがとうございました。